行政書士試験合格に必要な勉強時間はどれくらい?

行政書士試験合格のためには、当然受験勉強が必要です。

ではどれくらいの時間を勉強に当てればいいのでしょうか?

行政書士試験合格までの勉強時間の目安について、書いていきたいと思います。

pocket-watch-598039_1280

スポンサーリンク

勉強時間、合計時間と日割り時間を考える

これで必ず合格する!というわけではありませんが、個人的な感覚として、普通の勉強方法をとれば、だいたい600時間も勉強すれば、行政書士試験の合格レベルに達すると思います。
一日2時間勉強するとして、300日、約1年というのが、標準的な合格までの時間かな、という印象ですね。

行政書士試験の難易度は?合格率の状況など
行政書士試験の難易度ってどんなもんなんでしょうか? この記事では、行政書士の合格率と、試験の難易度について書いていきたいと思います。 ...

この記事でも書いた通り、今は試験の難易度が上がってきていますので、行政書士試験は簡単だと思って舐めてかかると、全然問題が解けないということになりかねません。

もちろんこれは、法律なんて全然勉強したことがないという初学者の人が、コツコツ独学していったらこれくらいが標準ではないか、という意味ですので。

大学の法学部出身者だと、この半分や3分の1程度の勉強で合格レベルに到達できるかも知れません。

まったくの初学者に短期合格は無理か?

学生ならば、毎日の勉強時間を増やして、600時間に到達する時間を早める、ということができますよね。

でも、忙しい社会人受験生で、勉強時間が限られる、という人は短期合格は無理なのでしょうか?

0351c45770a1cbc0affb9bbd7d40edde_m

簡単ではありませんが、無理ではないと思います。

ポイントは、スキマ時間活用だ

電車での通勤時間って、結構時間食いますよね。この往復の通勤時間は、勉強時間として非常に有効です。

テキストや判例六法という条文集を小分けにバラして読み込んだり、一問一答方式の問題集をやったりすることで、通勤時間を有効活用できます。

また、昼休み時間や、外回りの営業の方であれば、前の訪問先と次の訪問先の待ち時間なども勉強時間にあてられます
喫茶店でタバコを吸っている時間を、勉強時間として使えば良いわけです。

こういったスキマ時間を集めていくと、1日1~2時間は確実に勉強できます。
そして、帰宅後に1時間、休日にはまとめて勉強時間をとる、そんな生活サイクルを作れれば、忙しい社会人でも、必ず短期合格は可能です。

ただし、これはかなりハードな生活になります。

家族サービスや友人との時間を多少なりとも犠牲にすることになります。

それでも行政書士試験に合格したいか、行政書士として独立開業したいのか。
自分は絶対に短期合格するんだ、と強い覚悟を持つことが重要です。

その覚悟をしっかり持つ事こそが、短期合格へのモチベーションにつながる道なのかもしれません。

短期合格のための教材を活用するという方法もまた一つのやり方です。

【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法! レビュー・評価
ここでは、「【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!」のレビュー・評価をしていきたいと思います。 先に...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加