行政書士教材『Vimala Legal Mind Vimala塾2015』のレビュー・評価

ここでは、行政書士試験の通信塾「Vimala塾」について、評価していきたいと思います。

Vimalajuku

スポンサーリンク

Vimala Legal Mind Vimala塾2015 とは?

Vimala塾とは、Vimala法務事務所(東京都新宿区西新宿)の岡田維摩行政書士の主催する通信塾です。

岡田 維摩 行政書士のプロフィール

立命館大学法学部卒 東京都行政書士会所属
Vimala法務事務所 代表

大学在学中に行政書士試験合格
2013年より法教育事業 Vimala Legal Mind を立ち上げ

もともとは司法試験を目指されていたようですが、その後ビジネスへ転向し、さらにビジネス経験を活かして行政書士を開業されたとのことです。

事務所のホームページを見ると、音楽など知的財産権関係のコンサルティングも手がけておられるようです。

Vimala Legal Mindのフェイスブックページです。https://www.facebook.com/vlmind

岡田先生のフェイスブックもありますね。https://www.facebook.com/yuima.japan

またY、outubeにも講座の紹介映像がアップされています。

予備校だと合格者(非実務家)が講義していることも結構多いんですが、Vimala塾では、実際に行政書士実務をやっている、顔の見える実務家が、直接教えてくれるというのが大きなポイントですね。

Vimala塾の特徴は?

驚くべきことですが、昨年2014年の講座は、すでに合格した方が受講生の半分を占めていたそうです。

いったいなぜなんでしょうか??

それは、この講座が、行政書士試験に合格した後、開業するためのビジネス講座までカバーするものだからです。

講座案内では、

  • 行政試験対策講義  100回程度
  • ビジネス×士業講義  45回程度  となっています。

もともと行政書士は、実務と試験勉強のギャップが激しい資格です。

行政書士の資格を取得するための知識と業務の知識は、かなり大きな落差があるんです。
(行政書士は稼げない、とよく言われる理由は、実はこの辺りにあると思います。)

行政書士試験で問われるのは、民法や行政法などの基本的な法律の知識ですが、行政書士実務で必要なのは、例えば、消費者契約法や、廃棄物処理法、建設業法などの個別法です。

また、役所への申請手続きは、法律だけではなく、さらにその下の膨大な規則や通達などに規定されており、かつローカル・ルールなどもあってかなり複雑です。

しかし、このような個別法や手続きの勉強は、試験では出ません。受験予備校でも一切教えていません。

なので、試験に合格した後の実務の勉強・研究が、試験勉強以上に膨大になります。
個別法や実務の手続きの勉強のために、たくさんのマニュアルに目を通したり、いくつもの研修会へ出たりしている資格者もいます。

しかも、個別法や手続きの知識が付いたとしても、実際に独立開業して集客し、お金を稼ぐには、法律ではなくビジネスの知識・マーケティングノウハウが必要です。
そこでまた、開業セミナーやビジネスセミナーに通って、開業やマーケティングノウハウについて勉強するということになってしまうわけです。

岡田行政書士は、この無駄を省き、受講生がスムーズに独立開業できるように、行政書士受験から開業・ビジネス講座まで一気通貫でやるVimala塾を開設されたということです。

合格したものの、どうやって独立開業すればいいか迷っていた去年の合格生がVimala塾をこぞって受講した、というのもよく分かる話ですよね。

試験対策のための知識だけではなく、実務に付いたときにすぐ使える知識・ノウハウを教えてくれるという意味では、本当に「私塾」という感じです。
このあたりが、受験予備校や他の通信教材と違う、Vimala塾の特徴と言えます。

もっともそのため、岡田行政書士がサポートすることができる程度の受講生しか取らないようです。(何人まで、とは書いてないですが、せいぜい数十名まででしょうね。)

Vimala塾を受講するメリットはどこにあるのか?

オンライン講義のメリット

他のオンライン通信教材でも共通するメリットですが、オンライン講義だと、PCやスマホで何度も繰り返し、スキマ時間を利用しながら勉強できるという点が良いですね。

生講義を受講して、その場で質問するのがいいという人もいますが、正直時間の無駄だと思います。
特に、社会人受験生だと、通勤時間や帰った後のスキマ時間をいかに効率的に利用するかが重要です。

法律の勉強は、1回読んだだけでは絶対に頭に入りません。むしろ粗くても、何度も全体を繰り返したほうが、圧倒的に早く知識が定着します

岡田行政書士も、基礎を押さえながら、素早く何度も繰り返すということを指摘されてます。

これはVimala塾の民法の担保物権の速習講義のサンプルですが、基礎から端的に、しかも解りやすくポイントを突いた講義をされています。

法律の勉強方法として、非常に理にかなった講座だと思います。

また、受験生がみんな苦手としている記述式問題についても、対策講義があるのはいいところです。

しかも、通信講義でも、よく講師が喋っているのを録っているだけのものがありますが、Vimala塾は動画そのもので理解できるように構成されています。

テキストや六法を持ち歩かずに、通勤時間や昼休みの休憩時間などのスキマ時間に素早く学習ができるよう工夫されているところも特徴です。

模擬試験も含まれている!

普通の予備校だと、模擬試験とか答練は別パッケージだったりするのですが、Vimala塾では、5回分くらいの模擬試験が講座内に含まれているそうです。
過去問演習と、Vimala塾の模擬試験だけでも十分な問題演習ができそうですね。

講座内にこれだけ模擬試験が含まれているというのは、かなりのメリットです。(予備校の模擬試験って単科講座でとると意外に高いので…)

受験から開業までのサポート

前と繰り返しになりますが、受験から開業までをサポートしてもらえるというのが大きな価値でしょう。
しかも、合格保証が付いていますので、仮に不合格だったとしても、次年度もサポートしてもらえるということです。

また、岡田行政書士のプライベートラインや電話で直接コミュニケーションが取れたり、個人的に法務顧問(独立開業コンサル)に就いてもらえるということも大きなメリットですね。

開業した友人にも聴きましたが、やはり開業してお客さんが取れるまでは、すごく不安だそうです。
その不安が相当軽減され、スムーズに独立開業できるというのは、行政書士ですぐ独立したい人には最大のメリットかも知れません。

Vimala塾を受講すべき人、すべきでない人

ズバリ、Vimala塾を受講すべき人は、

  • 今年何としても行政書士試験に合格を果たしたい人
  • 行政書士で、すぐにも独立開業したい人
  • 岡田行政書士の理念に共鳴できる人

以上に当てはまる人でしょう。

逆に受講すべきでない人は、

  • とりあえず、行政書士試験に合格してみたい人
  • 行政書士としては独立開業する気がない人
  • 行政書士の勉強はしてみたいが、あまりお金はかけたくない人

でしょうね。

とりあえず合格だけを目指している、という人は、他の教材で勉強したほうが良いと思います。

少人数の私塾という性質上、合格へのモチベーションが低いうちは、ついていけなくなる可能性が高いです。

Vimala塾の値段は?

現在、行政書士講座とビジネス講座をすべて受講できるVIPコースの受講生を募集されています。

価格は、¥249,000円です。ざっくり25万円ですね。

これを高いと見るか、安いと見るかは、受験生の置かれた立場によっても違いますが、とりあえず合格だけという人には高いと思います。
ちなみに、ウェブで見たL◯Cのパッケージが大体21万円くらい、東京法◯学院が15万くらいなので、単純に価格だけ比較すると5~10万円くらい高いですね。
(予備校はあくまで受験までで、合格保証も合格後サポートも付いていないですが)

逆に、合格から独立開業までを見据えている人には、安いといっても過言ではないと思います。

私の友人の行政書士は、開業までの勉強会や交流会、ビジネスセミナーなどに数十万円単位のコストをかけていました。
会社員から経営者への転身というのは、思った以上に大変です。しかも周りに相談できる人も少なくて、最初は大変だったそうです。(今や、何冊も本を出す、ある分野の専門家になっていますが…)

それを、実際に行政書士実務についている方から、直接の開業サポートやビジネスノウハウの提供を受けられる、というのはかなり安いと感じます。
サポートする岡田行政書士にとっては、かなりの負担になるはずなので、むしろこの値段でも見合っていないのでは?、と思うくらいです。

Vimala塾の受講メリットまとめ

  1. 行政書士の受験から開業までをサポートしてもらえる
  2. 合格保証付き(合格するまでサポートしてもらえる)
  3. オンライン講義で繰り返し学習できる
  4. 講座にすでに模擬試験がパッケージで含まれている
  5. 何よりも、岡田行政書士の直接の質問やサポートを受けられる

以上の5つがVimala塾のメリットでしょう。

このメリットに価値を感じる方には、間違いなく「買い」の講座だと思います。

このサイトから購入された方へのオリジナル特典

最後に、せっかくこのサイトから購入して頂く人向けに、私、Examのオリジナル特典を付けたいと思います。

私自身も一応行政書士試験には合格し、以前、個人的に独学受験者のサポートもしていたことがあります。

そのサポートのときに使用していた「独学合格法冊子」を特典として提供したいと思います。
これは、行政書士試験を完全独学で受験する人のために、試験科目の学習法のポイントをまとめたものです。

漠然と勉強を始めると、法律の勉強は膨大で、いつ終わるんだろうという気になりますが、ポイントを押さえて効率的に勉強すれば、行政書士試験の合格ラインにはかなり早く到達できます。
私のサポートを受けた、ある二人の独学受験者は、多忙な社会人でありながら、一人は約半年の勉強で合格、もう一人も1年の勉強で合格されました。

特に、資格試験の勉強にあたって、過去問の活用のしかたは非常に重要ですが、ここをきちんと分かっている人はあまりいません。
基本書を読んで、問題を解いて、という単調な繰り返しではなく、過去問を使って学習時間を効果的に圧縮する方法を記しています。

さらに、私からもメールサポートを5回分付けます。Vimala塾のサポートが充実しているため、あまり必要がないのですが、念のため^^;

Vimala塾の講義と合わせて使えば、かなり早い段階で合格ラインに到達できると思います。

購入ボタン

※注意事項

特典を受け取っていただくには、決済画面で下記のようになっていることが条件になります。
必ずご確認下さい。
tokuten1

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加